四つ葉電力株式会社|電力コストの低減|大阪市北区

企業の電力コスト削減なら、四つ葉電力!電力コストの低減で税引き前利益を増やす

blog_title

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

【四つ葉電力からのお願い】電力の需給状況と節電へのご協力のお願いについて

2021年1月10日(日)20時、電気事業連合会より、「電力の需給状況と節電へのご協力のお願い」について、発表がありました。
電気事業連合会ホームページ「電力の需給状況と節電へのご協力のお願いについて」
 

その内容としては、厳しい寒さによる大幅な需要増や悪天候による太陽光発電の出力減などにともなう全国的な電力需給のひっ迫を受け、日常生活に支障のない範囲で、電気の効率的な使用のご協力をお願いするものです。


全国的に電力需給がひっ迫している状況ではありませんが、
日本の電力システム上、電力は需給ひっ迫エリアへの応援融通を実施できる状況にあります。
今後の状況によっては、各エリアから需給ひっ迫エリアへの更なる応援融通が必要となります。

寒波が続いていることから、暖房の利用は継続いただきながら、日常生活に支障のない範囲で、
不要な照明や電気機器のご使用を控えるなど、可能な限りの電気の効率的なご使用にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。


 
2021年01月11日 12:00

【メディア掲載】『かがやき』をご覧の皆様へ「幸せeco電力(PPA)」補足説明

 ~~~~~本文抜粋~~~~~
 
一般家庭や小規模事業者向けに太陽光パネルと蓄電池の無償設置を決めた『四つ葉電力』。代表取締役・淺岡保裕さんにその思いとカラクリを聞いた。
 
2020年秋の臨時国会で菅義偉総理大臣が掲げた脱炭素社会の実現には「太陽光発電」と「蓄電池が必要です。「2050年までに脱炭素社会実現を目指す」との宣言には、今後、政府や企業、個人全てに多大な努力が求められることが示唆されています。
 電気は生涯ローンなので必ず必要な経費です。今後、電気代は確実に高騰していきます。東日本大震災以降、お客様負担の電気代は約30%上昇。原発ストップによる原価上昇と再エネ普及にかかる費用負担(再エネ促進賦課金)が影響しています。
 『四つ葉電力』では2020年秋、太陽光発電の無料設置「幸せeco電力」を開始。来春には蓄電池の初期費用無料設置を開始する準備をしています。太陽光発電を無償設置することで、10年もしくは15年の契約期間が修了したのちは設置者に発電システムが無償譲渡されます。
 言葉にすると複雑で、真面目に学ぶほど自分との距離感を感じそうな「新電力」や「蓄電池」ですが、これからの暮らしや経営課題のためにとにかく使える虎の巻だと考えれば、もっと気楽に、かつ振り回されることなく活用できるはずですよ。
 
(記者 クラブメディア 山本様)

~~~~~ここまで~~~~~ 
 
 
上記の記事に対して沢山の相談が寄せられています。
四つ葉電力の思いとして、太陽光発電の普及は無理な開発による森林破壊や農地の縮小ではなく、その他の設備ではり利用しない屋根や四国全土程の広さがあると言われている耕作放棄地への設置です。なかでも、住宅や事業所の屋根だと一般送配電の管理下に無く電力の供給に1番ロスが少ないという観点から、先ずはお客様(需要家様)の屋根上をお借りして電力供給をすることを進めております。
四つ葉電力の太陽光発電設備をお客様の屋根を借りて直接供給するモデルなので、直接家賃を支払う事は有りませんが契約期間満了後には、無償譲渡の契約を約束いたします。
 
まだまだ準備中で2021年春の蓄電池無償設置はハードルが高い状況ではありますが、日本の老舗メーカー各社と協力して普及の為、技術革新とスキーム構築に専念しております。
 
※全国の住宅用太陽光発電及び蓄電池設置業者様にご協力を頂きたくお願いがございます。普及しやすい簡易デバイスとは違い工事が必ず伴います。安心の設置にご協力頂ける施工店様からのご連絡をお待ちしております。
連絡先:0120-016-428 代表淺岡までお願いいたします。




※無償設置に関してさらに詳しいご説明希望のお客様は1件1件ご訪問にてご説明できれば幸いです。
問合せ先:0120-016-428 受付順にてご対応させていただきます。


 
 
 
2020年12月20日 12:00

【メディア掲載】四つ葉電力 電気新聞2020111106

電気新聞
電気新聞に弊社の「ステイホームプラン2.0」を取り上げて頂きました。

四つ葉電力は2020年4月28日に、緊急事態宣言中に在宅時間が増え、電気代が上がる事を気にされているご家庭の皆さま向けに最大約50%offになる時間帯別料金プラン「ステイホームプラン」をリリースしました。

緊急事態宣言が明け、日常を取り戻しつつある日本ではありますがアフターコロナにおける当社の役割を考え、在宅時間を応援する期間の定めをなくした「ステイホームプラン2.0」を再リリースしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で昼間の家庭向けサービスの需要は増加しています。
四つ葉電力はエネルギーを通して「新しい社会」の「新しい常識」を作るお手伝いをしていきます。
 
2020年11月06日 12:00

「健康宣言の証」を受領しました。

健康宣言の証_page-000122

健康宣言の証

協会けんぽ(全国健康保険協会)は、職場環境や従業員の健康に配慮して、健康投資を行う企業を「健康宣言」企業として認定し、応援・サポートしています。

この度、四つ葉電力株式会社は、「健康経営®」を行うために健康宣言をし、全国健康保険協会大阪支部より「健康宣言の証」を受領しました。

「健康経営®」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。従業員が将来にわたって健康で元気に働くことができるよう「健康経営®」の推進に努めていきます。

 

2020年11月01日 09:00

【メディア掲載】四つ葉電力 日刊工業新聞20201015

S__19554436

日刊工業新聞に弊社の今後の展開について取り上げて頂きました。

四つ葉電力は新電力(小売電気事業者)として再生可能エネルギーを推奨しています。今秋太陽光発電の無料設置(幸せeco電力)を開始。
来春には蓄電池の初期費用無料の設置を開始をする準備をしています。
この取り組みで、再生可能エネルギーの推進と電源の分散化、緊急時に備えた電源確保(BCP対策)ぼ普及に貢献し、SDGsやRE100の取り組みに協力します。

ソース元:日刊工業新聞

 



 
2020年10月15日 10:00

四つ葉電力低圧プランの新しい料金表のご案内

平素より四つ葉電力株式会社をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
「幸せあふれる未来を創る」をコンセプトとする四つ葉電力が、令和2年9月1日より低圧プランの「動力プラン」と「幸せ電化プラン」の料金を改定し、各エリア毎の新しい料金表(幸せプラン)を発表いたしました。
お申込み開始は令和2年9月1日からとなります。詳しくは下記の幸せプラン一覧をご確認くださいませ。
 
【幸せプラン一覧】
 
2020年09月01日 09:00

2020年度 夏季休業期間のご案内

平素より四つ葉電力株式会社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 
四つ葉電力株式会社では下記の期間を夏季休業としてお休みをいただきます。
期間中はお電話での対応はできませんが、期間中にいただきましたメール・FAXにつきましては、2020年8月17日(月)より順次対応させていただきます。

 

2020年8月8日(土)~2020年8月16日(日)

2020年8月17日(月)より通常営業いたします。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
2020年07月30日 11:20

豪雨災害に見舞われ被災された皆様、 お見舞い申し上げます。

20200531ステイホームプラン2.0

おはようございます
豪雨災害に見舞われ被災された皆様、
お見舞い申し上げます。
日本各地で大雨による被害が多発しています。
身を守る行動をとってください。

四つ葉電力で今人気の電気料金プラン2メニューをご紹介いたします。

◯新しい生活様式に合わせた「ステイホームプラン2.0」
https://clover-power.co.jp/blog_articles/1590803386.html

◯令和に登場した日曜日電気代0円の「令和プラン」
https://clover-power.co.jp/blog_articles/1592399014.html

夏の電気代見直しキャンペーン
・7月申込者全員に5,000円の商品券プレゼント
・商品券の発送時期は8月中旬になります。
・お支払いがクレジットカードのみとなっております。
・WEB申込限定です。
・キャンペーンコードに「202007」をお忘れなく!

2020年07月08日 10:21

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)ならびに公共交通機関を利用する際の感染予防対策について

5月25日に政府より発表されました、新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言から約1ヵ月が経過しました。
段階的に社会経済活動が回復しつつありますが、解除後も東京都を中心に一定の新規感染者が継続して確認されるなど、
蔓延の拡大防止は引き続き予断を許さない状況にあります。
 
7月1日に経済産業省 資源エネルギー庁より各小売電気事業者に対して、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)
ならびに公共交通機関を利用する際の感染予防対策について」の通知がありました。
 
四つ葉電力では通知を受け、下記2点の感染拡大防止の取組を社内および関係各所へ周知・普及の協力を促して参ります。
 
以下、経済産業省 資源エネルギー庁の通知より一部抜粋して掲載しております。
 
1.<新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について>
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、厚生労働省が開発を進めていた「新型コロナウイルス接触確認アプリ
(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)」が6月19日にリリースされました。

本アプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるものであり、
感染の可能性をいち早く知ることができます。
それにより、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや外出自粛など適切な行動をとることができ、感染拡大の防止
につながることが期待されます。
 
本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されていますので、弊社では、本アプリの活用について、
社内および関係各所へ周知・普及の協力を促して参ります。

参考:新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)チラシ(厚生労働省HP)
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000642043.pdf
 
参考:新型コロナウイルス接触確認アプリについて(概要)(厚生労働省HP)
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000641655.pdf


2.<公共交通機関を利用する際の感染予防対策について>
公共交通機関を利用する際は、感染拡大予防ガイドラインに基づき、感染予防に徹底して取り組んでおりますが、更なる安心・安全を
確保していくため、弊社では、公共交通機関を利用する際の感染予防対策の実践として「マスクを着用したうえで会話は控えめにする。」
また、「テレワーク・時差出勤に努める。」を、社内および関係各所へ周知・普及の協力を促して参ります。
 
以下、関係各省のホームページおよび関係各所の案内、連絡先を掲載しております。
 
参考:新型コロナウイルス感染症に関する国土交通省の対応(国土交通省HP)
 https://www.mlit.go.jp/kikikanri/kikikanri_tk_000018.html

参考:鉄道を安心してご利用いただくためのお客様への3つのお願い(国土交通省HP)
 https://www.mlit.go.jp/tetudo/content/001350608.pdf
 
<参考資料>
(新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和2年5月25日変更))
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kihon_h_0525.pdf

(人との接触を8割減らす、10のポイント)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000624038.pdf
   
(持続化給付金について:経済産業省HP)
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html#90

(資金相談特設サイト:経済産業省HP)
https://www.meti.go.jp/covid-19/shikin_sodan.html

(新型コロナウイルス感染症対策本部(第38回)令和2年6月18日)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020618.pdf

(新型コロナウイルスについての相談・受診の目安)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

(新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601720.pdf

(新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け))
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

(新型コロナウイルス感染症について(厚労省HP))
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

(感染症対策へのご協力をお願いします(チラシ))
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html


<電話相談窓口について>
○厚生労働省の電話相談窓口について
 今般の新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。
・厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付を開始しましたのでお知らせ致します。

○帰国者・接触者相談窓口一覧(都道府県別)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
2020年07月06日 11:55

新電力事業連合体の報告【ワンレクトホールディングス(石川電力、福井電力)

1A0D6269-FB81-4274-BB44-66FDEED79529
2020(令和2)年7月3日


四つ葉電力は新たなスタートをきりました。

日本全国にある地域や社会に貢献する新電力は2016年の全面自由化以降今もなお増え続けています。
この数は今後も増えるでしょう。また、増えないといけない。
小売電気事業の認可は、電力システム改革(電気事業)及び日本のエネルギーに関して、深く学ぶ事が1番重要だと考えています。
ただ、仕組みの中には資金的に大きなハードルがある。顧客管理システムや需給管理、その他実務オペレーションもルールに従って行う義務がある。
全ての仕組みを整えるだけでも時間とコストがかかる。

四つ葉電力は各社にある悩みを分析し、今も未来も全国各地で貢献するエネルギーリーダーである新興電力会社を応援する事で、日本の環境ひいては世界に誇れる電力システムで幸せあふれる未来を創ります。

四つ葉電力株式会社
代表取締役社長 淺岡保裕

※写真は
2020年7月3日@金沢商工会議所
四つ葉電力、歯愛メディカル、石川電力と福井電力を傘下に持つワンレクトホールディングスによる記者会見
 
2020年07月04日 12:00

四つ葉電力株式会社 小売電気業者(A0343)
TEL:0120-016-428 / FAX:06-6130-9089

〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8-47
阪急グランドビル20階


お申し込みはコチラ TOPへ